『ボランティアやってみたいけど、何かないかなぁ』
時々、そういってサポートセンターに来てくださる方がいます
センターのするする・してして活動(ボランティア活動)は、してして会員さんからの依頼があってこそですので、なかなかすぐにお願いできるボランティア活動がなかったりするのが現状です。

ボランティアやってみたいの声に応えたい
そんな思いからいろいろと協議を重ねた結果、明和町立図書館にボランティアを受け入れていただけることになり、はれて6月より図書館ボランティアの活動を開始しました

何人の方が参加してもらえるか、不安と期待で胸いっぱいでしたが
予想以上の反響があり、7月末現在で10名の方が活躍してくださっています。
図書ボラ1
さらに、夏休み中には学生さんからも『やってみたい』の問い合わせがあって、うれしい限りです
これからも、無理なく楽しく、活動を続けていってほしいと思います
図書ボラポスター



引き続き、図書館ボランティアさん募集中!
『図書館ボランティア』は明和町図書館を盛り上げるお手伝いをしていただく、無償のボランティア活動です。
活動はめいわ市民活動サポートセンターがコーディネートします。
なお、活動にあたってはめいわ市民活動サポートセンターへ「するする会員」登録と、ボランティア保険の加入が必要です。

活動日:火・木曜日(10時~11時)・土・日曜日(10時~17時半の間で1~2時間程度)
※いずれか都合のいい日で、活動は月4回以内とします
活動内容:返却本の整理、本棚の整理、図書紹介POPの作成、利用者の案内など
詳しくは、サポートセンターまでお気軽にお問い合わせください。

スポンサーサイト
サポートセンターが開催してきた環境交流会に参加してくださった方々がメンバーとなり「きっちょ夢くらぶ」(きっちょむくらぶ)が誕生しました。

名前の由来は 小学校の教科書にも登場して子どもたちも知っている「きっちょむさん」と いい出来事の前触れという意味のある「吉兆」からとって、子どもたちに夢を届けられたらと夢の字をあてました。

メンバーそれぞれが培ってきた知識や技術・経験を結集して、子どもたちと一緒に自然環境について考え、体験できる教室などを企画、運営していけたらと考えています。
まずは、竹林の荒廃が自然環境に与える影響や日本人が竹を生活の中で有効利用してきた歴史などを学び、間伐した竹を使って工作などをしていこうと計画中です。今後の活躍にご期待ください。


サポートセンターは市民活動・ボランティア活動を支援しています。
新しくグループや団体を立ち上げたいときも 気軽に相談に寄ってくださいね。